good(良い)

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 09:55

テストが近くなり、塾内の熱も上がってきている。

 

みんな目標に向かって頑張っているが、その目標が正しいのか疑問に思うことがある。

 

頑張りたいです!

 

って子に、450点以上を目指してみよう!!!

 

なんて言うと、それはちょっと。。。

 

なんていうリアクションが返ってくる。

 

 

自分ができそうな範囲内で頑張る。

 

確かに間違ってはいないかもしれないけど、それは正しい目標になっているのか。

 

自分の想像の壁を越えてあげる。

 

塾として期待以上の結果を出してあげたい。

 

しかし、そのためには想像倍以上の努力が必要なんだけど。

 

 

 

「いい」(good)という表現は良くつかうけど、その判断基準は何なんだろうか。

 

いい点を取りたい。

 

500点?

 

平均点以上??

 

数学で満点???

 

人にとっていい点数と思う基準は違う。

 

93点でも100点を取りたかった子からしたら悪かった。という。

 

60点の子が93点を取ったらいい点数だった。という。

 

 

いい高校へ進学したい、いい大学、いい会社、いい人生。

 

誰かと比較して上だったらいいのか。

 

 

偏差値で表したら50を切った高校、大学へ進学したけど、そんな自分でも名のある上場企業に勤めることはできた。

 

仕事の規模も福利厚生もろもろいい会社だったけど、自分の性格には合わなかった。

 

先輩の姿を見て、将来の希望が見えなかった。

 

みんなで協力していい物を作るという青い想いは、関係部署との板挟み、コスト削減という現実に打ち壊された。

 

いろいろ経験させてもらえて良かったが、辞めてしまった。

 

今は富山県の砺波市の大手塾の影でひっそりと個人塾をやっている。(性格と体はブデ〜ンと隠れきれてないけど)

 

朝も好きな時間に起きられて、海へ行ったり、山へ行ったり。

 

夕方子どもたちと笑いあって。(最近は少しずつぴりぴりしてますが。。)

 

テスト後や合格発表の笑顔を見たり、卒塾生が近況を報告しに来てくれたり。

 

いい会社のときよりは笑っている時間は確実に長くなった。

 

いい会社を辞めたけど、好きなように生活できる今はなんだかんだいい人生を送っていると思う。

 

この先少子化の波でどうなるかわからないけど、そんときはまた何か笑えることをしていたらいいな。

 

 

いい点数をとっても、いい高校へ行けなかったらダメなのか?

 

いい高校へ進学しても、悪い大学へ通うことになることもある。

 

いい大学なのに、就職しなくて引きこもる人もいる世の中。

 

 

「いい」のために点数を取ることに必死になるのはいい人生なのか。

 

だからといって点数が悪くてもいいってわけじゃないけど。

 

 

みんなが言う「いい」ってなんだろうと思う。

 

 

自分の中では

 

満足する。心がわくわくする。期待通りまたはそれ以上。悪くない。

 

ってことなのかな。

 

 

みんなの期待をいい意味で裏切れる、想像以上の「いい」塾でありたい。

 

成績は上がるし、塾友ができて、笑って、大変だったけど思い出に残る。

 

これからも頑張っていこう。

 

そして人生の最後まで笑っていこう!!

 

 

 

 

 

 

Have a good day♪

 

 

 

 

人気ブログランキングへ


富山県ランキング

selected entries

recent comment

profile

志学スクールwishホームページ

http://wishimajun.wix.com/wish

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM