rocket(ロケット)

  • 2018.10.11 Thursday
  • 10:21

今更だが、友人の勧めで「下町ロケット」を観てみた。

 

アマゾンプライムにWOWOW版があったので、夜中に一気に観た。

 

 

 

 

 

はい、感動。

 

何が感動かって、「良いもの」がちゃんと認められていたこと。

 

ライバルである帝国重工さんの中にも佃製作所のバルブシステムを評価して、そのために動いてくれた財前さん。

 

ちょっとありえないというか都合が良すぎる内容だったが、そこはドラマ。

 

 

社会人として経験する、自分のやりたいことと会社の方針とのギャップ。

 

いいものを作りたい。

 

しかし、それには時間とお金がかかる。

 

上司が言っていることに納得ができなくても進む現場。

 

妥協しながら働いている感覚が嫌だった。

 

まっ自分は頑固で、人の言うことを素直に聞けない。(上原先生にいつも言われてる。。。)

 

だから会社を辞め、独立してしまった。。。

 

自分に甘いだけだったんだろうなぁ。

 

 

ドラマの中でも、会社は2階建ての家みたいなものだと。

 

会社も経営していく上での方針があり、夢だけでは社員の生活を守っていくことは出来ない。

 

みんなが生活するスペースが1階。

 

しかし、それだけでは窮屈だから夢や趣味がある2階も必要。


1階が不安定な状態で2階を作るのは贅沢というか愚かだけど、夢が無い人生なんて面白くない。

 

 

ドラマでみんながそれぞれの分野で必死に戦い、契約を結び、製作した部品を載せたロケット(rocket)が飛ぶ。

 

前の仕事の達成感と重なった。

 

自分のやった仕事が形になる。

 

それもやりがいだったんだよなぁ。

 

 

みんなで困難に立ち向かう。

 

「出来ない」じゃなくて「どうやったら出来るか」を考える。

 

子どもたちに一番伝えたいこと。

 

世の中で何をしたいのか。

 

そしてそのためにはどうしたら良いか考えて行動。

 

いつも思っているから、いつも同じことばかり言う。

 

 

下町ロケットを観て、教育業界では零細企業のwishでもいつかは教育改革という名のロケットを飛ばしたい!!!

 

一人ひとりの力はちっぽけで、自然の前では無力に感じることもある。

 

それでも、その一人に人が集まり協力すれば、人は月まで行けるようになった。

 

自分は何がしたいのか。

 

そして、そのためにどうやったら力が集まるか。

 

やっぱり人の根本は「志」なんだと確信した。

 

子どもたちの「志」に火をつける。

 

それが自分がやりたいこと。

 

この想いをさらに大きく、熱く燃やし続けるぞ!!!

 

なんて興奮して寝れなくなって寝不足の朝6時。

 

そのまま朝wishに。。。

 

 

 

みんな定期テスト頑張ってこいよ〜。

 

 

 

人気ブログランキングへ


富山県ランキング

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.07 Friday
  • 10:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    selected entries

    recent comment

    profile

    志学スクールwishホームページ

    http://wishimajun.wix.com/wish

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM