Never Give Up!(諦めない)

  • 2016.12.20 Tuesday
  • 00:00

諦めなければ(Never Give Up!)、願いは叶う。

 

 

家族と共に、Docomoショップへ行き、microSDカードの返品をお願いに行った。

 

やはり書類にサインをした時点で、納得していると判断されてしまった。

 

仕方ないことだ。

 

トラブルを防ぐために、説明をして、サインをいただく。

 

その状況をわからない者同士が、それぞれの想いで、話をしても解決しない。

 

どちらかが折れる(諦める)までは。

 

 

ずっと、話は平行線のままだった。

 

こちらは欲しくないものを買わされた。騙されたという思いだった。

 

しかし、docomoさんからしてみたら、ちゃんと説明をして、返事を頂いて、サインもある。納得してもらって購入したと判断している。

 

自分が逆の立場だったら、同じことを言うと思う。

 

 

しかし、結果的に納得していなかった。

 

そこで、どう動くか。

 

 

会社として、すぐに返品できるのか。

 

その責任は誰にあるのか。

 

販売マニュアルはあるが、クレーム対応マニュアルはどこまで書き込まれているのか。

 

できません。の色んなアプローチだけなのか。

 

ネットで「docomo SDカード 返品」っと調べると、自分たち以外にも、何人か相談している人がいた。

 

3年前に書き込まれた相談もあった。

 

 

っということは、今回の件以外にも同じ思いをした人が何人もいて、その声をdocomoさんは知っているはず。

 

 

それなのに、販売方法の改善がされていなかったのは、悲しいことだ。

 

 

 

今回は、何度も思いを伝え、SDカードを返品することができた。

 

お店には、自分と家族の二人で何度も、もう諦めよう...っと心が折れかけた。

 

でも、アドバイスをくれたみんなの顔が浮かんで、もう少し頑張ってみようと踏みとどまれた。

 

そのミエナイチカラのおかげで、なんとかSDカードを返品することができた。

 

 

 

無知は罪。

 

しかし、諦めなければ、願いは叶うという体験が出来た。

 

そして、一人で悩まず、詳しい人や友人の意見を聞いてみることで、色んな情報や選択肢を得ることができた。

 

 

これから、中33者面談で担任の先生から色んなことを言われると思う。

 

この点数では...

 

内申点では...

 

 

学校の先生が、実は未来から来ていて、これから起こること、入試の結果を知っているのなら、言うことを聞いたほうがいいかもしれないが。

 

進路指導は、今までのデータ、実力テストの点数を照らし合わせながらに言っていることである。

 

間違いではないけど、絶対ではない。

 

 

現時点では、足りていない。

 

でも、入試は3月。

 

テストを受けるのは、自分。

 

勉強するのは、自分。

 

誰の人生なのか。

 

富山県は、内申点の比重が大きい。

 

しかし、入試の得点が上位10%に入れば受かる!!という情報もある。

 

それなら、誰よりも点数を取ればいい!!!!

 

 

本当に行きたいのなら、無理。って言われて、何をするべきなのか。

 

手を動かせ。

 

周りよりも多く勉強してみるとか、友人に、実際に入試を経験した先輩に、その道のプロ(塾)に聞くなど。

 

 誰よりも努力したら、ミエナイチカラが支えてくれるかも。

 

 

諦めなければ、願いは叶う。

 

自分の力で、運命(先生からの「無理」)を変えてみろ!!

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

志学スクールwishホームページ

http://wishimajun.wix.com/wish

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM